読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅がしたい人生だったinドイツ

住む前にドイツに10回観光で来た元旅行会社社員のドイツ生活日記。旅行情報や業界のニュース、サッカー観戦など書くはず

【1.FCケルン】スタジアムへの行き方(アクセス)&観戦注意事項 

f:id:DE39:20170221195209j:plain

先日ブンデスリーガ16-17第21節ケルン対シャルケ04の試合を観に行って来ました!

1.FCケルンは現在日本代表の大迫選手が所属しているチーム。昔はチョンテセ選手や槙野選手も所属してましたよね~。

その1.FCケルンのスタジアム「ラインエネルギーシュタディオン (RheinEnergieStadion)」への行き方や観戦の注意事項など書きたいと思います!

1.FCケルン対シャルケの乾燥

と、その前に。ちょっとついでなので、ケルン対シャルケ関連のツイートを記録代わりに載させてくださいw
私はシャルケファンなのでゲストブロック(アウェーサポーター用の席)で観戦しておりました。

とこんな感じで楽しんできました!

さて次からやっと本題に入ります(;´∀`)

 

1.FCケルンのスタジアムへの行き方

1.FCケルンの試合のチケットは無料乗車券付き

試合当日Twitterでつぶやいたんですが、試合チケットにはスタジアムまでの往復の乗車券が付いています。しかしライン=ジーグ運輸連合(VRS)の範囲(ケルン・ボンの都市圏をカバー)の公共交通機関しか利用できません。

なのでデュッセルドルフやドルトムントなどはライン=ルール運輸連合(VRR)の範囲なので、ケルンの試合を観に行くときはVRRとVRSの境目までは切符が必要になりますね~。

【参考】
◎VRSの路線範囲→https://www.vrsinfo.de/fileadmin/Dateien/downloadcenter/SVP2017_Gesamtnetzplan.pdf/a>

◎VRRの路線範囲→http://www.vrr.de/imperia/md/content/fahrten/verkehrsplaene/vrr_schienenschnellverkehr.pdf

 

Köln Hbf(ケルン中央駅)からの行き方

①Uバーン「Dom / Hbf 」駅18番線Klettenbergpark行きに乗る
ケルン中央のUバーンは鉄道駅構内にあるケルン大聖堂側の出口前に階段があります。この看板が目印~。(後ろに写っているのが大聖堂です。世界遺産!)

f:id:DE39:20170221195827j:plain


②2駅目「Neumarkt」(ノイマルクト)駅で1番線トラムに乗換

ノイマルクト駅で1番線トラムに乗り換えるときは地上に出ます。試合がある日はノイマルクトから臨時のスタジアム行きが多くでており、スタジアム目の前の臨時駅に停まるので楽チン♬

f:id:DE39:20170221200150j:plain

③10駅目「Rheinenergie-Stadion」(ラインエネルギーシュタディオン)駅下車

ケルン中央駅からの所有時間は約27分です。

f:id:DE39:20170221200850j:plain


Düsseldorf Hbf(デュッセルドルフ中央駅)からの行き方

①「Düsseldorf Hbf」からRE(KoblenzやAachen行き)に乗る

②「Köln Messe/Deutz」(ケルンメッセ/ドイツ駅)で1番線トラムに乗換

③13駅目「Rheinenergie-Stadion」(ラインエネルギーシュタディオン)駅下車

所有時間は約1時間~1時間24分です。

※いくつか行き方はありますが、一番乗換が少ない方法です。
Köln Messe/Deutz駅でトラムに乗り換える際は乗ってきた電車の進行方向逆のホームに歩くと乗換口が近いです。


試合後の注意

f:id:DE39:20170221201216j:plain


帰りはゲスト観客用(アウェーサポーター専用)のトラムが出ており、私はゲスト席に座っていたのでそれに乗って帰りました。一切ほかの駅に停まらず「Köln Messe/Deutz駅」までのダイレクト。しかも多くの警察官が乗っており、外も警察車両の護送付きで少しビビりました(;´∀`)w

もし「ケルン中央駅に行きたかったのに!」という方は、Köln Messe/Deutz駅から1駅なのでご心配なさらずに~。ホームのケルン戦を観に行く人でアウェーサポーター席に座る人はあまりいないと思いますが、ご参考まで。

 

試合観戦時の荷物は最小限に

荷物を持っている人は少ない&持込み禁止物など

1.FCケルンの公式サイトを見て具体的にシャルケやバイエルン・ミュンヘンみたいに「A4を超える大きさのバッグやリュックはダメ」という表記は見つかりませんでしたが、最近は荷物検査も厳しくなったので荷物は最小限で観戦をした方が良いです。(スーツケースはダメと書いてあったけどw)。

実際、観戦者の9割以上の男性は荷物を持っていないし、女性でもやはり小さいバッグしが持っていません。

そしてペッドボトルや缶類なども禁止なのでご注意をー。


駅のロッカーについて

大きい荷物を持っているから荷物を預けたい!という人は宿泊予定のホテルに預けてくるか、駅のロッカーを利用しましょう。利用する人が多いだろうKöln Hbf(ケルン中央駅)とKöln Messe/Deutz(ケルンメッセ/ドイツ駅)のコインロッカーをご紹介します。

まずケルン中央駅。
ケルン大聖堂側出口の近くにコインロッカーがあります。普通のコインロッカーではなく、ハイテクなコインロッカーです。

2時間4ユーロ、24時間7ユーロという高めの料金。

一日ずっと預けているなら良いですが、試合のために荷物を預けて7ユーロはちょっと勿体ないかな…。しかも小銭のみしか使えず、近くにある両替機は故障してました…。7ユーロの小銭って普通持ってないでしょう!

ケルン中央駅の構内地図はこちらを参考に↷↷http://www.bahnhof.de/contentblob/11944564/K%C3%B6ln+Hbf_locationBild/data.jpg

 

続いてデュッセルドルフ以北から来る人だとケルン中央駅まで行かず、Köln Messe/Deutz駅で乗り換えると便利です。

そのKöln Messe/Deutz駅にもコインロッカーはありますが、少ないので試合開催日は全部利用されている場合が多いと思います。(こちらは昔ながらのコインロッカー)。実際にこの間見たら全て利用済みでした。値段は忘れましたがケルン中央駅よりは安いはずです。

Köln Messe/Deutz駅の構内地図はこちらを参考に↷↷

http://www.bahnhof.de/contentblob/11944572/K%C3%B6ln+Messe+Deutz_locationBild/data.jpg


当日大きい荷物持っているとロッカーを探したり、預けたりが面倒だと思うのでご注意くださいね~。

ただケルンの荷物検査は他のスタジアムよりちょっと緩かったので、検査する人によっては大きめの荷物も大丈夫かもしれません。(現地集合した連れが預けるロッカーが見つからずリュックを持ってきていたが、「中を開けないでね~」と言われるだけで入場できたとのこと。)


▼関連記事

tabigashitaijinsei.hatenablog.com

 

スタジアム内の座席の下に荷物は置かない方が吉

上記のようにケルンの地ビールであるケルシュが美味しいためか、皆ビール飲みまくり!(どこのスタジアムでもそうだけど)。ビールを運びながら自分の席に戻るときに、他人の席にビールをこぼしていく人を何人見たことか…。そしてそのまま去っていく。

普通にこぼす人が多いので、荷物は床に置かないで置くか、汚れても良いように大きいビニールに入れておくかなどしておいた方が良いですよー!

 

チケットの買い方

①ケルンの公式サイトで買う:Ticketshop | Heimspiele

会員ではないのでケルンのチケット販売について詳しくないですが、サイトを見るとリーグ戦は人気カードでなければ結構チケットありました。定価で買えるので、できたら一番これが良い方法かと思います。日本語はありませんがGoogle翻訳を駆使すればなんとかなりますよー。

②代行サイトやチケット売買サイトで買う

代行サイトなどは手数料が高いことが多いです。どうしても見つからない場合や日本語でやり取りしたい場合はこちら。Viagogoは過去に一度だけ使ったことがありますが、定価よりだいぶ高くつきました。まれに安いチケットもあったりします。

またはオプショナルツアー会社で購入するのもひとつの手です。値段は安くはありません。
現地オプショナルツアー:1.FCケルンのチケット購入

③ダフ屋

当日スタジアム前によくいますが、あまり使いたくない最終手段ですね。おすすめはあまりしません。運が良ければダフ屋ではなくて、良心的なサポーターなどは定価で売ってくれる場合もあります。

 

まとめ

試合当日は今まで見たこともない警察の多さにびびりましたが、何事もなく楽しく観戦できました。(ケルンのサポーターは気性が荒いイメージがあるので、少しだけ不安だった)。

スタジアムもとても良い雰囲気だし、スタジアム前で食べたポメスや焼きソーセージも絶品でしたしね。ぜひ行く機会があれば参考にしてくださいね♪

 

なるべく間違いのない情報提供を心がけておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
そのため当サイトの情報が起因する一切の損害について責任を負えませんので予めご了承ください。
当サイト全ての無断利用および転載を禁止します。
Reproduction Without Permission Forbidden .Thank you.